ネットの普及した現代は小さな問題も即対応が必要

風評被害は目に見えないところで大きな悪影響を与えるということが怖いところです。商品のネガティブキャンペーンや退職者による悪評などは小さなことですが確実に企業のイメージを悪くします。特にネットが普及している現代ではネットを経由した風評被害が大きな問題となり、風評被害対策を行っていかないと企業を守ることもできません。

自分達は何も悪くないから噂話なんて放っておいても自然と無くなっているはずと思い対策を行わないでいると痛い目にあいます。人の噂も七十五日なんてことわざは現代には通用しません。たとえ嘘の情報であろうと面白おかしく話に衣をかぶせていき、気が付いたらとんでもない風評被害に発展するということがあります。

風評被害を受けていると分かったならどんな小さなことでもすぐに対策を行わないといけません。2ちゃんねるや各種掲示板などは常にねつ造による書き込みがありますので風評被害対策の業者にお願いして監視してもらうようにしましょう。

あまりにも被害が大きくなったときには風評被害の元となった人を特定し訴える必要もあります。これも業者にお願いして特定してもらう必要があります。風評被害対策を専門に行うことのできる部署の確立も必要になってきているのかもしれません。

Leave a Reply

free blog themes